スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

株式先物入門 (日経文庫)

  • 2009/01/02(金) 07:16:21

株式先物入門 (日経文庫)
廣重 勝彦
株式先物入門 (日経文庫)
定価: ¥ 872
販売価格: ¥ 872
人気ランキング: 96630位
おすすめ度:
発売日: 2008-05
発売元: 日本経済新聞出版社
発送可能時期: 在庫あり。

先物相場のトレンドフォロー戦略
 ビジネスとして相場に関わってこられた筆者の語り口は奇異を衒うことなく、ビジネスライクにいかにマーケットから利益を得るかが語られます。デイトレード入門と内容が重複している箇所もあるのですが、エントリーからエクジットまでの流れを提示してその中で「エッジ」、「セットアップ」等の位置づけやマネーマネジメントを適切に位置づけておられるのは入門書として非常にバランスがとれた記述です。
 さらに先物を使ったヘッジングの紹介にもページが割かれており、文句のつけようがありません。後半では海外市場との相関性にまで言及されており、目から鱗でした。
 ただし★3個の評価とさせていただいたのは「先物相場でのトレンドフォロー戦略」の位置づけです。
 筆者は先物市場でトレンドフォロー戦略を推奨されるのですが、完璧なプロの世界である先物市場で、トレンドフォロー戦略を個人が行う場合のリスクを検証されたのかが厳しく問われるべきでしょう(この点については新井邦宏氏の著作でも同様の指摘をさせていただいています)。「負けが続いてもトレンドの発生で損を挽回出来る」という抽象的な表現でトレンドフォローを勧めておられますが、現物株式以上に厳しいロスカットが連続する中でどこまでトレンドフォロー戦略が有効かの検証例を提示すべきと思います。

新書版の内容を超える秀作
前回のデイトレード入門に続き日経平均先物を中心に解説している。前半は先物の仕組みを誰にも分かるよう平易に解説している。後半はテクニカル分析や実践向けの売買手法を解説。すでに使い古された手法の解説本が目立つ中で、今すぐにでも通用する手法が満載となっている。新書版の価値を大きく上回る内容で、初心者から上級者まで幅広い層に指示される内容となっている。

スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。