スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界金融危機はなぜ起こったか―サブプライム問題から金融資本主義の崩壊へ

  • 2009/07/24(金) 18:10:04

世界金融危機はなぜ起こったか―サブプライム問題から金融資本主義の崩壊へ
小林 正宏
世界金融危機はなぜ起こったか―サブプライム問題から金融資本主義の崩壊へ
定価: ¥ 1,680
販売価格: ¥ 1,680
人気ランキング: 4672位
おすすめ度:
発売日: 2008-11
発売元: 東洋経済新報社
発送可能時期: 在庫あり。

大胆にして緻密
現役の金融機関職員が書いた本としてはかなり大胆で、特に政府系金融機関の職員が中央銀行の金融政策や政府の財政政策について、中立的な記述とはいえ言及しているのは勇気ある行動だと思います。景気変動に政府がどこまでコミットすべきか、もう一歩踏み込んで書いてくれるともっと面白かったのですが、それは立場上できないと自制されたのでしょうか。

証券化やデリバティブはさすが専門家だけあって緻密に書かれています。自分達が日本の証券化市場を牽引してきた自負からでしょうか、「証券化」をスケープゴートにしようとする世論に敢然と反論しています。さすがに理路整然としており、読むと著者らの主張にも首肯すべき点が多々あります。

昨今の風潮としては証券化や金融資本主義は悪の権化で、アメリカ経済の崩壊とともに世界経済は恐慌に突入するといった類の本が売れているようですが、当事者として問題の本質を抉り出して、危機の悪化を防止しようとする姿勢がかえって清々しく感じられます。全体にバランス感覚に優れた著作だと思われます。

オーソドックスな解説
読んで安心感があります。「アメリカ経済は崩壊して、ドルは暴落、世界経済は大恐慌に突入」とショックを煽るのではなく、何が問題の根底にあり、日本がどうすべきなのか、真正面から取り組んでいます。何の客観的なデータもなしに持論を展開する本が多い中で、主張するところはきちんと論拠を示しており、違和感なく読めます。

CDSやカバードボンドのように非常にテクニカルな話題から資本主義の行く末のような壮大なテーマまで扱っているのでページ数はやや多く感じられるものの、難しい話題もかみ砕いてわかりやすく説明しており、非常に参考になりました。こういう説明ができるのは金融の世界を本当に理解しているからこそなのでしょう。

小林氏は今年だけで3冊もサブプライム関連の書籍を出しているようですが、不思議なのは、大類氏も含め、これだけの見識を持った人材がこれまで埋もれていたことです(その筋では有名だったのかも知れませんが、少なくともテレビで見たことはありません)。IMFやBISの論文を多数読破しておられるようですが、これだけの本を書けるのなら、そういう世界の大きな舞台で活躍して、巻末に書かれているように、お子様のためにも日本の地位向上に貢献されることを期待します。


ここまで書くか
グリーンスパン、バーナンキ両氏を真正面から批判している。金融政策万能論者に対する批判はリチャード・クーさながら。グリーンスパン氏が変動金利を推奨したことへの批判は著者が所属する組織が固定金利の商品を扱っている関係もあるのだろう。

片や、サブプライム問題の重大性を著者は昨年夏の時点から警鐘を鳴らしていたようだが、それだけにバーナンキ氏が「大したことない」と言って事態を軽視した状況認識の甘さに対しては繰り返し批判を加えている。「住宅価格の下落がプライム層にまで影響を及ぼした時」のアメリカ人の消費行動はまさに現在進行中の出来事となっている。

住宅問題の専門家ならではの分析が随所に見られ、アメリカ人の行動様式に対する切り口はなるほどと納得させられるものがある。現役の金融機関職員が書いた文章だけに正確性を期する余り、くどい部分もあるが、戦艦大和やキリストの引用など、笑える部分もある。冬休みにもう一度じっくり読みたい本。

スポンサーサイト

ガイアの夜明け

  • 2009/07/17(金) 22:37:22

ガイアの夜明け
TVサントラ
ガイアの夜明け
定価: ¥ 2,500
販売価格: ¥ 2,250
人気ランキング: 11607位
おすすめ度:
発売日: 2008-01-23
発売元: ポリスター
発送可能時期: 在庫あり。

FXの教科書

  • 2009/07/16(木) 03:56:50

FXの教科書
松田 哲
FXの教科書
定価: ¥ 1,575
販売価格: ¥ 1,575
人気ランキング: 4299位
おすすめ度:
発売日: 2008-03-01
発売元: 扶桑社
発送可能時期: 在庫あり。

知識として知らなかった世界を知るには良いのでは?
だからといいて、これを読んでも勝てるようにはなりません。その場の雰囲気に浸れる自己満足に過ぎない。何を持ってして彼をカリスマトレーダーと呼んでいるのだろうか??私もそれなりにマーケットからお給料を貰い生計を建てているが、未だ一度として、本を書く気になったことがない。暑い国で毎日がテニス三昧である。カリスマという意味は一体なんなのだろうか?その道に邁進し、その道で飯を食い、誰もが、そんな姿にあこがれるからカリスマと言うのではなかろうか?カリスマ美容師にしてもそうだ、美容師が釣りのカリスマと呼ばれる事はまずない、プロサッカー選手がプロ野球のカリスマと呼ばれる事はまずない。本を書くと言うことはすでにその道を邁進しているわけではない。例えばテニスで言うならば、プレイヤーと指導者は明確に違う。また、良いプレイヤーが良い指導者になるとも限らない。スポーツの世界では指導者は大して動けないが、教える事が上手で理論も通り、データ取りもうまい人は沢山いる。しかし、マーケットにおいては、戦略も、実行も肉体的なスキルは大して必要もなく、「お脳」で処理が出来るものである。つまりマーケットの世界ではプレイヤーと指導者は同一ということになる。指導者とプレーヤーが違うスポーツの世界とは異なるのである。スポーツの世界は指導者のカリスマは存在する、そしてプレーヤーのカリスマは存在する、しかし、マーケットにおいてはプレーヤー=自らが指導者なのである、つまり、「元カリスマトレーダー」という存在自体があり得ないのである。それを、スポーツに当てはめるならば、こうである「もう体力の限界で現役を続行することが出来ない、現役として賞金を稼げなくなる、だからこれからは指導者になります」つまり「昔はそれで稼げたが今は駄目」ということを意味する。「元オリンピック選手で今は指導者」。これはよくある話である。しかし、マーケットにおいて「元カリスマトレーダーで今は指導者」、はあ??なにそれ??である。本を書いて人に講釈を垂れる以上は指導する立場であるわけだ。マーケットの世界ではスポーツと違い、「体力が衰えてきたから指導者という立場になります」とはならないのである。つまり「お脳」がしっかりしている以上は常に現役を張れる世界なのである。私が何を言わんとしているか解るだろうか?この世界の物書きとはそういった類である。初心者が始めるならば、もう少しマシな本を読むべきである。なんだかコメントを書くことすら面白くない。もうレビューを書くのも潮時である。あまりにもレビューを書くことが下らなくなってきた。つまり、世の中にあふれているこの手の本の逆をやり、マーケットの研究を頑張れば、自然と勝てるようになるということである。この手の本は必要悪に似ている。美味しい料理を知るには不味い物を知らなければ、その美味しさを感じない。またその逆もそうである。人間に比較するという知能がある限り、この手の本は無くならない。そういった意味では非常に有効である。

最後に面白い事が書いてある。

出版社のコメントとして「FX本のヒットメーカーである著者・松田哲氏がFXで勝ち続けるための極意を熱意と情熱と魂をこめて徹底レクチャー!」

なんだい、やっぱりこの人は「FX本のヒットメーカー」であって「マーケットからのマネーメーカー」じゃないんかい!!そんな人に徹底レクチャーされてもね??、レクチャーされた人は「FX本のヒットメーカー」になるってか??

個人投資家は地道が鉄則!
第1部の為替小説「フォレックス・ディーラー物語」を読み終えた時、
為替の短期取引が、個人投資家にとっていかに無謀なのかが理解できたました。

まるで水鉄砲で巨大空母に立ち向かう以上に無謀な事に思えてきます。

個人投資家は、無謀な戦地に入り込まず、勝てそうな戦地に入ってコツコツと
利益を上げて行く方法を模索するべきだと痛感しました。

この本を読んで、スワップ狙いと長期取引に重点を置いてスキルを磨いて行こうと
私は思いました。

その中で自分のルールを更にシンプルにして、個人投資と言う物を突き詰めて行ければ
良いと思います。

ノンフィクション小説としても読んでみる価値もあると思います。

意外と戦略以外の内容を嫌う人も多いですが、投資で一番大事なのはメンタル的な事だと
私は思っています。

そう言う事も含めて良書だと思います。



「買う」程の価値は無いかも?
もし著者の今までの書籍やメルマガ等を既読済みの人は今更「買う」までの必要は無いかもしれません。
何故なら本書の内容に今迄以上の目新しさは見つけれませんでした。
(雑誌の特集や既存の書籍の内容とほぼ重複)

但し、FX初心者で且つ著者の書籍に初めて触れられる方にとっては、同額の類書の中では悪書では無いと思います。(良書とも思いませんが)
どなたかも書かれたいたかも知れませんが、3部構成の内の1部、3部はほぼ割愛しても良いかと思います。
2部に書かれている内容のみ、非常にシンプルですが1つのセオリーとして「教科書」的に勉強にはなっていると個人的に考えます。

現在沢山のFX関連のコメンテーターが存在する中で、著者が高頻度で書籍の出版に力を入れているのが、『他での収益が悪化に転じているからかな?』っと気になります。
勿論、出版物がそれなりの内容を伴っていて初めて購入者はお金を出して買う価値が有るのですが、ネームバリューが有る内に何度も同内容の焼き直し的なモノを出版して行こうとしている‘姿勢’が伺えて、あえて星2つとさせて頂きました。


細野真宏の世界一わかりやすい株の本

  • 2009/07/14(火) 01:30:08

細野真宏の世界一わかりやすい株の本
細野 真宏
細野真宏の世界一わかりやすい株の本
定価: ¥ 1,000
販売価格: ¥ 1,000
人気ランキング: 371位
おすすめ度:
発売日: 2005-06-10
発売元: 文藝春秋
発送可能時期: 在庫あり。

いつも手元に置いて辞書のように長年繰り返し使える、価値ある本です!
サブプライムローン問題から波及する株価下落により、
世界経済が混沌としていますが、
「ここまで株価が下がっている今だからこそ勉強するチャンス!」と思い
読んでみました。

これまでのイメージで「株は危ないな・・・」と感じていましたが、
投資で大損しないために、イラストやチャートを使って丁寧に解説しているので、
どんどんと頭の中に入ってきました。
イラストのコロちゃんに感情移入しながら、
実際の過去の新聞記事を読みながらの解説では、
「自分ならこう買ってみよう!」とイメージトレーニングとしても活用できます。
何より、安易に「今が買い時!」「デイトレードは簡単!」などと
目先の欲に走りがちな個人投資家に小手先の知識を植えつけるようなことはせずに、
知識を身に付ける教育をしてくれ、
自分の力で株式売買ができるようになれる本なのです。

この本で強調されているのは、投資は中長期で考える重要性。
株式投資が盛り上がっているときに出版されているのに、
アメリカの同時多発テロなどを例に挙げ、いかに経済は短期的には不確定なのかを
強調し、何が起こっても生活がグラつかなく、長期の姿勢で臨めるように
余力資金の中で投資を考えるべき、と強調されています。
やはり先を冷静に読まれていますね。


株に興味を持ち始めた方へ
この本はいたってシンプルでわかりやすい株の入門書である。
著者のイラストや文章が易しいため、誰にでもお勧めできる本だ。

一般に株は難しいという先入観を持つ人が多く、入り込みにくい世界であるが、この本のよい所は、株の世界の入り口を開いてくれるところにある。
さらに、株への興味を一気に加速させてくれるであろう。

今から株を始めようという方やあと一歩が踏み出せない方には非常にお勧めできる本である。
ただ、この本の知識だけで株を始めるには内容が浅く、いきなり株を購入することは控えたほうがよいだろう。しっかりと金融リテラシーを身に付けてから購入することをお勧めする。


高レビューが謎です。
最近投資信託をやりはじめたこともあって
株についても興味があり、
みなさまのレビューの評価が高いので、
迷わず購入致しました。

しかし、みごとにはずれました。
他の方もいわれていますがとにかく内容が薄い。
読みきるのに1時間もかかりません。

個人投資家は短期売買に向かないとか、
消費者目線で株を選ぶとよいとか当たり前のことが
書かれています。
そこそこ株について勉強された方には
本書で得るものはあまりない気がします。
初心者ばかりが本書を購入しているとは思いませんし、
どうして、こんなに高レビューなのか謎です。

一番売れてる株の雑誌ダイヤモンドザイが作った「株」入門

  • 2009/07/09(木) 20:21:16

一番売れてる株の雑誌ダイヤモンドザイが作った「株」入門
ダイヤモンド・ザイ編集部
一番売れてる株の雑誌ダイヤモンドザイが作った「株」入門
定価: ¥ 1,680
販売価格: ¥ 1,680
人気ランキング: 10375位
おすすめ度:
発売日: 2005-09-29
発売元: ダイヤモンド社
発送可能時期: 在庫あり。

おっ!これはいい!!株を始める方に最適です!!!
↑の通りです(笑)
株入門者・初心者にとっての本と考えて,評価を5☆としました.
株を購入するための手順,方法,指標等がきちんと網羅されており
非常に分かりよく役立ちました.
株をやらない方にとっても,株の実際的な事を知るには非常に良い
本であると思います.


とりあえずこれから
株式投資について「とりあえず必要」という情報が
ほぼ網羅されています。

株に興味あるのだけど・・・

一歩を踏み出せないでいた人が読むにはうってつけの本だと思います。

また、取引をはじめたばかりの人は、気になる用語、わからない仕組みが
あってつまずいても、巻末の索引でひいて調べてすぐに学ぶことが出来ます。

そして、もっと詳しく、深く知りたいというようになってきたら
他の書籍に手を伸ばす

ステップアップの支えになるような本です。

あっと驚かせてくれます
貯蓄に余裕があったころ株でもやって、お金を働かせないと、と思っていた時に買いました。
それから読んでみるとびっくり、実際に株長者になれるような方法ってあるんですね。ただし、流行に敏感であること、基本的な経済の知識を身につけてること。あとは、株の独特の駆け引きを覚えればほんとうに株で儲けられるんじゃないですか?


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。